通学における防犯の必要性

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幼稚園児までは、習い事や通園の際に保護者の送迎が必要条件でしたが、小学生以降になると、毎日の登校などで一人で通う場面が出てきます。行動範囲も広くなりますから、時間帯にかかわらず犯罪や事故に巻き込まれるリスクが出てきます。また、各種公共交通機関で移動をする場合だと、駅までの乗り降りの問題も気にしたいところです。
保護者の立場で気になることの一つとして、通学時の防犯対策があります。毎日の送迎が可能な家庭でも、両親が共働きだったり、学校の終了時間がまちまちなど事情が変わると限界があります。小学生の場合は、危機管理能力を身につけるよいきっかけにもなります。
小学生以上になると保護者のフォローには限界が出てきますが、可能な範囲にて対策をする必要があります。

親子で出来る対策の一つ

お子様の防犯対策の一つに防犯グッズを身につけて、見送りできるところまで行くということがあります。地域によっては、学校でもその対策をしているところもあるでしょうが、保護者の立場としてはより安全策を考えたいところです。
その一つとして、時間のある休日にお子様と一緒に通学ルートを歩くことですが、その際は朝夕がおすすめです。公共交通機関を使う場合も含め、夕方になると暗くなる場所や交差点の死角などを事前に把握します。また、お子様は好奇心旺盛で、想像しないような行動をとりますから、そのリスクも教育する必要があります。また、定期的な声かけで確認をとり、場合によってはルート変更を含めた再教育を行います。
わかったつもりや対策をしたから安心ではなく、定期的に確認をすることが必要であり、お子様の危機管理能力をを高めることに繋がります。

抜き打ちチェックは必要

対策として、抜き打ちチェックは有効です。特に、お子様が一人での通学に慣れたころには、気のゆるみが生じています。また、無意識のうちに危険な行動をとっている場合があります。
GPSをはじめ各種機能での確認はできますが、お子様が家に帰る様子を後ろからついていく形でチェックすることも必要です。
この時に注意をすべきことは、お子様を指導をする際のことです。危険なことをした場合を除いて、強く指導をしてもうまく答えられない場合が多いので、子ども自身が気が付けるような問いかけで冷静に確認をします。
子どもは好奇心旺盛ですから、自分の目で確認することでお子様の動きがわかり、対策が取りやすくなります。

いつも必ず使う「ICカード」で見守りができます。子どもが改札を通過する際にお知らせが届くため、タッチし忘れることもなく見守りもできます。 通知先を1件追加する場合も安価な月額制の追加で対応が可能です。 電車を利用する際に必ず使う「ICカード」で見守りができます。新しい見守り用の端末の購入は不要ですのでご安心ください。 通学で防犯面が気になるならこちらで対策

ピックアップ記事

屋外での通学防犯対策

屋外での通学防犯対策の一つとして、いざというときの対応力を身につけることも必要です。例えば、お子様が知らない人に車を乗せられそうな場面に遭遇した場合、一度目は親からの教育で断ることが出来ました。しかし...

通学での防犯見守りの効果

公立の小学校では、地域の皆様が通学中の見守りをされており、これは防犯対策の一貫として大きな役割を担っています。また、美容室やコンビニなどの店舗でも、いざというときにはかけこむことで対処をしてくれますし...

通学防犯対策の一つは子どもに共感すること

お子様の通学が始まると、行動範囲が家や学校だけとはいかなくなります。お友達が出来ると、学校帰りに遊びに行ったりもします。中高生になれば、部活も始まり帰宅が遅くなることがあります。さらには、家族の知り合...

数々ある通学防犯グッズ

通学時においては、地域の人や学校教員引率での集団での登下校をする学校もありますが、万全な対策をとっていても犯罪や事故に巻き込まれる可能性はありますから、対策は必要です。それにはグッズを揃えることも一つ...