数々ある通学防犯グッズ

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通学時においては、地域の人や学校教員引率での集団での登下校をする学校もありますが、万全な対策をとっていても犯罪や事故に巻き込まれる可能性はありますから、対策は必要です。それにはグッズを揃えることも一つの方法となりますが、いざというときに使いこなせなければ意味がありません。
防犯ブザーや携帯電話など各種ありますが、お子様の使いこなせる位置に取り付けてあげて、その上で定期的に使い方を確認する必要があります。一方、間違った使い方をする場合を想定して、その際に起こる注意事項を踏まえおもちゃではないことをお子様の目線で教育をする必要があります。
いざというときに使いこなせるように日ごろからの確認は大切です。

最新のものがおすすめ

通学用の防犯グッズは、学校で支給されているもの以外でも多種多様にあり、近年ではインターネットでも多く販売されていますが、どの商品を選ぶかが迷うところです。
ブザーの場合は、鳴らす時にピンが抜けないタイプやボタンで音を出すタイプを持たせると使いやすいです。さらに、雨雪対策で防水機能があるもの、出来るだけ頑丈で音が大きく出るものがお子様向きです。GPS付きのキッズ携帯には、お子様がどこにいるかわかる上に、何か起こった際は保護者に知らせてくれますから、いざという場合の身動きが取りやすいです。
あらゆる機種が開発されていますが、お子様の立場で機能やデザインが使いやすいものを揃えることにより、いざというときにも問題なくかつ迅速に効果を発揮してくれます。

電車を利用するお子様向けには

一人での登下校が必要な場面が出てくる、電車を利用するお子様向けの通学防犯グッズもあります。携帯電話を持たせる際に、多くの場合は契約している警備会社や鉄道会社のアプリからお子様の電車の乗り降り状況や大まかな居場所を確認できますし、メールでも定期的に保護者に居場所の通知が届く仕組みです。
しかし、近年ではスマホの普及もあり、小学生のお子様に持たせる家庭が増えています。各種通信機能も進化していますから、使い方ひとつで事件などに巻き込まれる可能性は高く、携帯会社と契約する段階で設定の確認をして、フィルタリングなどの対策をとる必要があります。
また、電車に乗り過ごした際は駅員さんにいうこと、電車の遅れが生じても子どもは慌てますから、学校や家を緊急連絡先とすることをお子様に教育することで、そのリスクを軽減させます。携帯電話の使い方ひとつでも、リスクはありますが最大限の効果も期待できます。

ピックアップ記事

屋外での通学防犯対策

屋外での通学防犯対策の一つとして、いざというときの対応力を身につけることも必要です。例えば、お子様が知らない人に車を乗せられそうな場面に遭遇した場合、一度目は親からの教育で断ることが出来ました。しかし...

通学での防犯見守りの効果

公立の小学校では、地域の皆様が通学中の見守りをされており、これは防犯対策の一貫として大きな役割を担っています。また、美容室やコンビニなどの店舗でも、いざというときにはかけこむことで対処をしてくれますし...

通学防犯対策の一つは子どもに共感すること

お子様の通学が始まると、行動範囲が家や学校だけとはいかなくなります。お友達が出来ると、学校帰りに遊びに行ったりもします。中高生になれば、部活も始まり帰宅が遅くなることがあります。さらには、家族の知り合...

数々ある通学防犯グッズ

通学時においては、地域の人や学校教員引率での集団での登下校をする学校もありますが、万全な対策をとっていても犯罪や事故に巻き込まれる可能性はありますから、対策は必要です。それにはグッズを揃えることも一つ...


ポイント