屋外での通学防犯対策

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

屋外での通学防犯対策の一つとして、いざというときの対応力を身につけることも必要です。
例えば、お子様が知らない人に車を乗せられそうな場面に遭遇した場合、一度目は親からの教育で断ることが出来ました。しかし、2回目にはお母さんの知り合いだといわれると、お子様は油断をしてしまいます。特に小学生の子どもは素直な分、相手にすきを与えてしまいやすいです。
親の立場からすると、お子様が小さかったら素直な分聞き入れやすいですから、断る理由についていくつかシュミレーションをした上で、学習させることが出来ます。中高生の場合でも危険な場面を想定した定期的なコミュニケーションは必要です。
年齢が小さな段階で教育をすると危機管理能力も身につきますし、お子様の身を守ることにも繋がります。

放課後の予定確認は大切

お子様の学年が大きくなると、交友範囲が広がる一方、通学以外での用事によって帰宅が遅くなったりなど、管理も簡単にはいかなくなります。
何かがあった場合を想定しての、親子で緊急の連絡が出来るシステム作りが必要になりますが、相手方の親子とも連携が取れると防犯対策に一役担います。近年では、個人情報保護の観点から、クラスメイト同士の緊急連絡網を回さない学校が増えてきていますから、やり取りをする場合は、個人間での連絡先交換になります。特に、屋外で自分のお子様や同級生がトラブルに巻き込まれてしまった場合には、単体で動くのと複数人で動く場合だと、行動範囲や迅速な対応の観点からしても大幅に異なります。
時代に合った対策の一つとして、同級生親子との連携は大きな効果があります。

ランドセルカバーの効果

小学生の通学時での屋外用の対策道具の一つに、ランドセルカバーがあります。
人にランドセルを引っ張られると、そのまま引っ張られてしまうイメージをお持ちになるでしょうが、使い方次第では身を守るための大きな効果があります。特に誘拐を企てる人は、お子様のランドセルを引っ張る可能性もありますが、ランドセルをつかむとカバーが外れて、防犯ブザーが鳴るような仕組みだと、相手は動揺するでしょうし、大人が駆け寄ってくるともしもの時も安心ですし、お子様も隙を見つけて逃げることが可能です。その上で、GPSなどお子様の動きがわかるようなものに契約をしていたら、お子様の帰宅時に一日の様子を確認することが出来ますから、対策が取れます。
ランドセルカバーは、上手に活用すれば自分の身を守る際に、大きな効果があります。

ピックアップ記事

屋外での通学防犯対策

屋外での通学防犯対策の一つとして、いざというときの対応力を身につけることも必要です。例えば、お子様が知らない人に車を乗せられそうな場面に遭遇した場合、一度目は親からの教育で断ることが出来ました。しかし...

通学での防犯見守りの効果

公立の小学校では、地域の皆様が通学中の見守りをされており、これは防犯対策の一貫として大きな役割を担っています。また、美容室やコンビニなどの店舗でも、いざというときにはかけこむことで対処をしてくれますし...

通学防犯対策の一つは子どもに共感すること

お子様の通学が始まると、行動範囲が家や学校だけとはいかなくなります。お友達が出来ると、学校帰りに遊びに行ったりもします。中高生になれば、部活も始まり帰宅が遅くなることがあります。さらには、家族の知り合...

数々ある通学防犯グッズ

通学時においては、地域の人や学校教員引率での集団での登下校をする学校もありますが、万全な対策をとっていても犯罪や事故に巻き込まれる可能性はありますから、対策は必要です。それにはグッズを揃えることも一つ...


魅力